無料レンタル
男子 マリメッコを語る おうちカフェ 男子部
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

男子 マリメッコを語る

121945752_1.jpg

 男子なのにマリメッコって思うほどマリメッコをイメージさせるのは大きな花柄の絵 

ですよね。

あのマリメッコの花は、僕にはちょっと派手すぎるのと女の子過ぎる気がします。

マリッメコとは?

マリメッコ(marimekko)は、フィンランドのアパレル企業で、同社が展開するファッ

ションブランド名であり

鮮やかな色の大胆なプリント柄をデザインした商品ラインナップで世界的に知られ

る。

マリメッコの創業者はアルミ・ラティア(Armi Ratia)とその夫・ヴィリオ(Viljo Ratia)

である。

社名は「小さなマリーのためのドレス」という意味である。

1952年には最初の直営店をオープン。1956年にはフィンランド国外への輸出が

始まり、国際的にも認知されるようになっていった。

とりわけ1960年のアメリカ大統領選挙で、ジョン・F・ケネディ候補夫人のジャクリ

ーン・ケネディがマリメッコのドレスを愛用していたことが

報道されたことで、アメリカでの知名度が急上昇した。

2007年現在、マリメッコはフィンランド・スウェーデン・ドイツに合計26の直営店を

持ち、さらに世界各国の1000を超える店舗でその商品が販売されている。

【デザイナー:Erja Hirvi(エルヤ・ヒルヴィ)】

ヘルシンキとベルリンで学んだテキスタイルデザイナーのErjaHirvi(エルヤ・ヒル

ヴィ)は、フィンランド国内を始め海外でのテキスタイル展覧会参加やコンペを経

験。

彼女の静かで遊び心のあるパターンは、ファブリック・洋服・バッグやインテリアの

デコレーションにも使われています。

【ルミマルヤ(Lumimarja)の特徴】

『雪いちご』という意味のルミマルヤ(Lumimarja)は、雪に覆われた木々から

インスピレーションを得ており、北欧の冬を描いたファブリック。

ファブリックパネルとマリメッコ。

北欧文化!!!ですよね。自分の国のブランドの愛する柄を部屋に飾る。

とってもいいことだと思います。

僕が浅草に行った時に手ぬぐいを額にいれて飾るお店を見たことがあります。

こもれまた日本の文化なんだなーって思います。

僕は日本人ですが、マリメッコのファブリックパネルが好きなので、手ぬぐい!

ごめんな。


 

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。